内部SEO対策

集客のためにできること。質を重視した内部SEO対策。

求職者の多くは検索エンジンを利用して求人サイトを探しています。求人サイトに訪れる求職者数を増やすためにSEO(検索エンジン最適化)対策を行うことは重要なマーケティング手法の一つです。

ジョブメーカーには、あらかじめSEO(検索エンジン最適化)対策がサイト内部に施されています。下記はその一例です。どのようなキーワードが御社のサイトに向いているかもご提案させていただきながら、上位表示を目指します。

URL静的化 動的に生成されるページは検索エンジンに存在を認識されにくいという特徴があります。認識度を高めるため、動的に生成されているページに固定の擬似静的URLを割り振ります。
例)http://www.****.com/kyujin/12345/
URL正規化 JobMakerではPC・スマホ・ガラケーサイトを提供しています。求職者が同じURLにPC・スマホ・ガラケーでアクセスした際に、PC・スマホ・ガラケーサイトのそれぞれのページを表示します。この対策を行うことによって、1URL単位のパワーを分散することなく、検索エンジンへの認知度を高めます。
URL正規化イメージ
カノニカルタグ 検索エンジンのロボットに対して、正しいURLを指示するタグをカノニカルタグといいます。全ページにカノニカルタグを設置することで、複数URLが生成される可能性のあるページの重複コンテンツ対策を行います。
noindex施策 検索エンジンで求職者が最も多く検索するであろうと想定される「掛け合わせ検索」結果ページに対して検索エンジンがより認知度を高めるように、集客力の弱いと想定される一定条件の「掛け合わせ検索」結果ページには検索エンジンが読み取らないようにnoindex対策をしています。
個別タグ設置 対象ページのH1タグ・titleタグ・meta descriptionタグに表示させる文言を設定できる「タグ変換シート」(約100パターン)に記載されている文言を変更して頂ければ、それに基づいた文言を表示できるようになります。
サイトマップ自動生成 サイトマップは、検出が難しいサイトのページの情報を検索エンジンに提供する手段です。XMLサイトマップ(通常は「サイトマップ」と呼ばれます)は、簡単に言うと、ウェブサイト上にあるページのリストのことです。これを自動生成します。
パンくずメニュー パンくずメニューはサイト内の各ページに配置する階層構造を示すメニューです。この階層構造を示すことで、求職者へのユーザビリティ向上というだけではなく、検索エンジンによる各検索結果ページの認知度も高めることができます。検索結果ページなどに配置しているパンくずメニューに対して、個別の検索キーを埋め込み、正しい内部リンク構造にしています。
関連リンク設定 検索結果ページの各求人情報にて、それぞれに設定している検索項目の一部を関連リンクとして検索結果ページへのリンクを設置します。この施策により、検索エンジンがさまざまな検索ページを認識しやすくします。

お問い合わせ

SEO効果実績

求人関連のキーワードで各種検索エンジンにて上位表示した実績があります。以下では、過去の実績の一部をご紹介します。

短期バイト向け求人サイト

4位

3位


美容系求人サイト

2位

2位


その他SEO効果実績一例


お問い合わせ

このページのトップに戻る