求人サイト構築・制作サービス|Jobmaker(ジョブメーカー)

HOME JobMakerブログ 求人サイトのリニューアル時に気をつけること

JobMakerブログ

求人サイトのリニューアル時に気をつけること

こんにちは、ウィルビーの下雅意(しもがい)です。

弊社で求人サイトの作成をお手伝いさせていただいたのも、200サイトを超えました!現在稼働中の求人サイトは約150サイトほどあります。構築してから数10年立つものもあれば、最近構築させていただいたものもあります。

弊社で運営している求人サイトも実は昨年、リニューアルいたしました!デザインだけでなく、JobMakerの新バージョンのJobMakerアドヴァンスを利用して作成しております!

使っているシステムも、SSLの対応も、サーバーもごっそり載せ替えになったので、その経験をもとに、求人サイトのリニューアル時に気をつけたいことをまとめました!

求人サイトのリニューアル前にやっておくこと

利用者様への告知

ご利用中の求職者様にリニューアルの旨をメールとサイトで告知しておきましょう!知らない間に切り替わったことに対して敏感になる方もいらっしゃいます。ちなみに弊社の求人サイトでは、下記のスケジュールでリニューアル告知を行いました!

サイトトップページ・・・約1ヶ月前にリニューアルのお知らせを掲載
メール・・・約1週間前にリニューアルのお知らせをメール(メール配信を許可している方のみ)

利用者様にリニューアルすることで、より正確で必要な情報が届くという事が伝わると、リニューアル後もご利用いただけますよ!新しい求人サイトの宣伝にもつながります!
また、次に説明しますが、メンテナンス時間の連絡も忘れずに行いましょう!

データの保管

新しい求人サイトにどこまでデータを移行するのか、移行しないものはどのように管理・保管するのかきちんと決定しましょう!求人サイトでは特に、「今までの応募者データ」「求人原稿を掲載している企業の管理者データ」「求人情報」「会員登録者データ」が重要なデータになります!

すべてのデータの取得は、リニューアル前日に行いましょう!できれば、サイトのメンテナンス時間を決定し、メンテナンス時間中は、応募や登録、変更が出来ないようにしておけば、最新のデータが取得できますよ!
ちなみに弊社の求人サイトでは、下記のスケジュールでデータの取得を行いました!

メンテナンス期間・・・切り替え前日の18時~切り替え日の10時まで(メンテナンス中は、ティザーページを挟んでおきました!)
データの取得・・・ティザーページ設置後

求人サイトのリニューアル後にやっておくこと

無事に求人サイトの移行が終わっても、忘れてはならないことがあります!これを忘れてしまうと、せっかく行ったサイトリニューアルの成果が全くわからなくなってしまいます。リニューアル後にも作業があることを忘れないようにしたいですね!

アナリティクス設定

リニューアルの場合、過去の数値を引き継ぐか否かで判断する必要があります。通常、同一ドメインでのリニューアルの場合は、引き継いでbefore、afterを比較したほうが、今後の対策が打ちやすいので、引き継ぐほうが良いと思います!
引き継ぐ場合は、現在のサイトで設置しているものと同一タグの埋め込みになります。

タグは、Analyticsの管理画面の「プロパティ」<「トラッキング情報」<「トラッキングコード」から取得が可能です!
グローバル サイトタグ(gtag.js)からタグをコピーして、トラッキングするすべてのウェブページの 内の最初の要素に設置すればOKです。

また、コンバージョン設定が変わる場合は、設定を変える必要があります。こちらは、Analyticsの管理画面の「ビュー」<「目標」から変更が可能です。完了ページのURLが変わる可能性は十分にありますので、こちらもしっかり確認しましょう!
JobMakerへの切り替えでしたら、こういったAnalyticsの設定方法もサポート致します!

サーチコンソールの設定

リニューアルの場合、URLが変わっていたら新規登録が必要です。また、近年は全ページSSL化の対応も進んでいます。もし、httpからhttpsに変更になった場合も同様に新規登録が必要になります。サーチコンソールでGoogleに申請する必要があります。
その際に、エラーが出ているページがないか確認も必要です。エラーがある場合は解消する必要があります。細かくどんなエラーが出るのか、出たときの対処方はどうしたら良いのか、下記のサイトで詳しく書いてありましたので、リンクさせていただきます!
Googleに正しく評価されるためのクロール エラーの確認方法

ヒートマップなど、他タグ設定

弊社では、ユーザーのクリックを確認するためにヒートマップのサービスを利用しています!こちらは、ビジュアルが大幅に変更になる場合は、タグの再発行を行い、埋め込みが必要です。
ヒートマップのサービスについて気になる方は、こちら

その他、計測のために使っているツールのタグは一通り動作しているかどうかチェックが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。求人サイトのリニューアルで不安なこと、気になることなど多々あると思います。弊社は、他社サービスからの切り替え経験も多数ございます!気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。