求人サイト構築・制作サービス|Jobmaker(ジョブメーカー)

HOME JobMakerブログ これからの求人サイト

JobMakerブログ

これからの求人サイト

こんにちは、新サービス研究チームの中西です。

私たちはだいたい月に3~4サイトくらいのペースで、新しい求人サイトをJobMakerで立ち上げています。このサイトで、より多くの求職者と求人企業がつながればいいな~と思いながら作成しています。

ただ…

  • 企業風土は、この求人原稿で伝わるんだろうか
  • 応募者の人となりは、この応募フォームで伝わるんだろうか

……求人情報を登録できるシステムを立ち上げても、求人原稿の中身次第でその後の展開は変わってきます。いい応募者が来るかどうかも、システムで何とかできる範囲には限りがあり、あとは運だったりもします。

 

ところが!
むしろ高度なITを用いることこそ、これまで感覚的にしか行っていなかったマッチングを、より精度の高いものにできる可能性があるのです。

最近HRテックという言葉をよく目にするようになっていませんか?

HRテックとは、「HR(Human Resource)× Technology」を意味する造語で、Fin TechやEd Techの仲間みたいなもの。
高度なITと人材サービスを融合させる展開として、ビッグデータ解析や人工知能(AI)などの技術を活用して採用・育成などを行う手法のことです。

HRテックが期待を集める分野の一つが、人材採用です。

例えば、ピックアップした求人情報に「興味がある」または「非表示にする」を選択するだけで人工知能(AI)がユーザーの嗜好を学習し、希望にマッチした求人情報がレコメンドする「レコメンド型求人サイト」が登場してきています。
心理学に基づいたクイズが転職希望者の価値観と人柄を分析して、求人情報をマッチングする転職サイトも登場しています。

これまでのような勤務地や職種、給与などの条件だけではない、嗜好マッチングができると注目されています。

また、エントリーシート(応募書類)を人工知能(AI)を利用して解析し、筆跡などでその人が自社で活躍しそうかどうかを判定するシステムの開発なんかも進んでいるそうです。

単なる条件だけではない、企業風土や人となりマッチングをITを使って実現できれば、採用スピードも上がるのではないかと思います。不幸せなマッチングも減ると思います。さらには、人が介していたことで見つけられなかった、思いもかけない(セレンディピティ)採用なんかも実現できるかもしれません。

わたしたちが生きていくうえで、「働く」ということは誰もが直面する問題です。
せっかく働くのであれば、喜んで働けるといいなと思います。
そのためにも、働く側、雇う側、双方のマッチングがよくなるサービスがたくさん生み出していきたいです。